キャリアオーナーシップが、
社会を動かす。

最近の活動/記事

一覧を見る

発足宣言文

キャリア
オーナーシップが、

社会を動かす。

人生100年時代の中、年功序列や一社終身雇用制度は崩れ始め、「はたらく」をとりまく社会環境は激変しています。これまでのような画一的な働き方ではなく、多様な個人に対応した、働き方や人材育成、雇用モデルといった変革は、もはや日本社会において待ったなしの必須課題となっています。

こうした状況の中で、一人一人の個人が、自律的に成長し続けるために不可欠なのが「キャリアオーナーシップ」。はたらく個人の力を最大化させ、社会の力にするために、企業はどう向き合い、新たな関係性をつくっていくべきなのか?まだ答えのない問いに対し、先駆的に取り組む企業が自ら実践・実証し、企業と個人の持続的な成長を実現する「はたらく未来」を模索していくのが本コンソーシアムです。

活動概要

研究会

これまで部分最適で分断しがちだった事業視点と人事視点で課題を統合的に捉えます。
各社の実践知から有効な打ち手を導きながら、事業成長に資する新人材戦略を形作ります。

実証実験

導かれた課題と戦略仮説を検証。
個人と企業の新たな関係性を実現するため、実践・実証を参画各社自ら行い、社会への提言を裏付けていきます。

社会発信

各回の研究会における情報の発信や、各種活動をまとめたレポートの発信など、世の中に対して「はたらく未来」の提言を実施していきます。

参画企業
※五十音順

キリンホールディングス株式会社、KDDI株式会社、コクヨ株式会社、富士通株式会社、パーソルキャリア株式会社、三井情報株式会社、ヤフー株式会社、株式会社LIFULL

顧問・ファシリテーター

法政大学
キャリアデザイン学部・
大学院教授 田中 研之輔

事務局

パーソルキャリア株式会社

コンソーシアムの活動について
問い合わせる

お問合わせ